ビジネスを一気に飛躍させる2016年最新アプリ事情

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_s

今、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス市場は爆発的に拡大しています。市場ではノートPCと出荷台数が逆転しているという結果も出ており、今後も市場拡大を続ける見込みとされています。ビジネスシーンにおいても、スマートフォンやタブレットを導入する企業が増え、便利さや効率の良さをそれらに求める声も出てきました。

しかし導入したはいいものの活用法がわからない、仕事でiPhoneをかっこよく使ってみたいけどうまく使いこなせないといった悩みもあるようです。スマートデバイス時代に乗り遅れないために、まずは最新ビジネスアプリを活用してみましょう。

 

資料管理 -Dropbox-

dropbox

いまやオンラインストレージの代表的存在でもある「Dropbox」。大容量ファイルを無料で管理できるので、プライベートで使用している人も多いでしょう。実はDropboxには無料プランの他に、ビジネス用のDropbox businessというものがあります。ユーザー数5名から申し込むことができ、容量はなんと無制限。Dropboxに保存してあるファイルならば、外出先でも、どのデバイスからも見ることができ、業務の効率化に繋がります。

また、自動的にバックアップが作られるので、もしもの時も安心です。導入の費用はかかりますが、投資の価値は十分にあると言えます。

 

ネットプリント -netprint-

print

出張先や外出先で突然資料が必要になるときもあるでしょう。そんなとき便利なのが、セブンイレブンと連携している「netprint」です。スマートフォンに保存してある画像や文書はもちろん、先ほどのDropboxと組み合わせれば、クラウド上に保存してある文書ファイルをその場で簡単にプリントすることができるため、PCがある場所まで移動する必要がなくなり仕事の時短にも繋がります。

 

名刺管理 -Eight-

eight

早急に取引相手に連絡しなくてはいけないとき、名刺を探してもすぐに見当たらない…なんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか。それを解消するのが「100万人が使う名刺アプリ」と言われる「Eight」です。使い方は簡単、名刺をカメラで撮影するだけ。

名刺管理アプリではありがちな使用方法ですが、Eightの違うところはその写真データを元にスタッフが手入力しているというところ。正確な情報を登録することができるのはもちろんのこと、驚くべきはEightを使用している相手に部署や役職などの異動があったとき、なんと自動でデータが更新されるのです。
これだけのサービスがあって価格は無料!ぜひ利用してみましょう。

 

スキャナ -Camscanner-

scanner

デジタルの時代を象徴するアプリと言えばこれでしょう。「Camscanner」はスマートフォンをスキャナーに変えてしまう驚きのアプリです。書類を撮影するだけで、撮影した画像をデータ化し、PDFとして保存することができます。このアプリがあれば、重い書類をいちいち運ぶ必要がなく、また必要なときに手元のスマートフォンですぐに確認することができます。

数あるスキャンアプリの中でも、Camscannerは補正機能やトリミング機能など基本的な機能が充実しており、まさに絶対入れておきたい必須アプリです。

 

ニュースアプリ -Smartnews-

smartnew

一社会人として国内あるいは世界の情報を知っておかなければならない中、情報を仕入れる媒体はスマートフォンにシフトしつつあります。「Smartnews」はスマートフォン一つで政治経済、エンタメ、世界情勢まで、いま何が起こっているのかをその場で網羅することができるニュースアプリです。

多彩なラインナップの中から自分が興味がある分野をピックアップして読むことができ、また圏外でも記事をさくさく読めるので、通信がない環境でも簡単にニュースを読むことができます。社会人であればスマートフォンに入れておきたいアプリです。

 

チャット -ChatWork-

chatwor

LINEのビジネス版と比喩されることも多い「ChatWork」。クラウド型のチャットサービスで、メールや電話に代わってビジネスに劇的な変化をもたらしてくれます。グループチャットなどコミュニケーションの加速化はもちろんのこと、ファイルの共有がチャット上でできたり、ChatWork Liveと呼ばれるビデオ通話が無料でできるようになります。

これにより出張先などや外出先でも簡単に連絡をとれるようになり、業務の遂行スピードを各段に上げることができます。

 

充電確保 -電源検索Lite-

lite

PCやタブレットを持ち歩くことが多い人にはこの「電源検索Lite」をおすすめします。このアプリは、電源コンセントを使用できる施設をマップ上で表示し、充電がなくなりそうなときに充電スポットを探すことができます。営業先や出張先で意外とありがちなのがバッテリー切れの心配。すぐにでも復活させたいときにこのアプリを入れておけば、そんな心配にも悩まされることなく、安心して仕事に集中することができるでしょう。

 

パスワード管理 -Passwords Lite-

password

デジタル機器を多用するようになり、ネット上で管理や作業を行うようになると、便利な反面、自然とパスワードの管理が増えてしまいます。パスワードを忘れてしまい、リセットされてしまったり、再設定しなければならなくなったりなど、パスワードの管理一つで作業が遅れてしまうことも。

「Passwords Lite」は面倒な手間なく簡単にパスワードを管理することができるアプリです。一度登録すれば、アカウント情報をタップすることでパスワードを簡単にコピーすることができ、作業の効率化に繋がります。

 

メモ帳 -7notes mini-

7notes

ビジネスで必ず必要なのはメモを取ることです。これはどんなベテランになっても言えることでしょう。急ぎの用事など、簡易的に手書きでメモを取って、それを後から文字起こししたい…そんなときに便利なのが「7notes mini」です。

7notes miniは文字認識機能付きメモ帳と呼ばれ、手書きで書いた文字を変換してくれる「交ぜ書き」という機能がついています。ササッと書いた文字でもしっかりと認識してくれ、それをメールやSNSにそのままポストすることもできます。

 

Web会議 -Skype-

skype

忙しいビジネスマンが多い現代で、今必要とされているのは社内業務の効率化でしょう。そんな望みを叶えてくれるのが言わずとしれた「Skype」です。主に1対1の通話やチャットツールとして利用されてきたSkypeですが、グループ通話ができるようになって、活用範囲がより拡大しました。

グループ通話を活用して、Web上で会議を行うようになれば、外出先や出張先から会議に参加できるのはもちろん、一人一人の業務効率を大幅に上げることに繋がるでしょう。

 

 

いかがでしたか。
時代とともにサービスは進化し、ビジネスにおいても益々便利なツールが生まれてきます。オンライン秘書も同様に、このデジタル社会の最先端を行くサービスとなるでしょう。
最先端の便利ツールとともに、ハイスペックなオンライン秘書を活用すれば、業務効率は格段に上がり、ビジネスは大きく変化していくに違いありません。