在宅勤務の一日の流れ【オンライン秘書として働くには?】

  • オンライン秘書として仕事をしたい
  • はじめての在宅勤務
  • 1日の仕事の流れを知りたい

在宅勤務未経験者がオンライン秘書になるための情報をご紹介します。

オンライン秘書関連記事。

オンライン秘書サービスってどんなもの?

オンライン秘書の需要が高まっている理由

今回の記事では、在宅勤務者の1日の流れをわかりやすく解説します。

在宅勤務の1日の流れ

 

オンライン秘書として働くには、主に二つの方法があります。

1つ目は、クラウドワークス等で自営業や副業として、自分自身で顧客を見つける方法です。

2つ目は、おンライン秘書サービスを提供する会社に登録して、アシスタントとして所属する方法です。

未経験者や自分で募集する方法がわからない方は、外部の会社に登録することが多いです。

今回は、外部会社に登録した際のスケジュールをご紹介します。

1日のスケジュール

スタートの時間は、会社からの指揮命令によって異なります。

午前に業務開始、ランチ(昼食)を済ませて、16時30分頃までに午後の業務を済ませて終了というスケジュールの案件もあります。

睡眠時間は、7時間程度は確保しやすい仕事です。

主婦や副業でも可能?

案件によっては、就寝までの時間の中で、書面作成や出張の予約等をの対応は可能です。

しかし、連絡、報告、相談をその日のうちに住ませなければいけない業務については、クライアントの就業時間内に対応するようにしましょう。

仕事の服装や髪型の自由度

仕事中の服装や髪型の指定は、労働内容によって異なります。

Webミーティングに顔出しで出席する場合には、仕事用の服装やメイク、髪型で対応する必要があります。

しかし、トップスのみビジネス用の服装にして、パンツなどは、動きやすい普段着や部屋着で対応することも可能です。

勤務時間の管理方法

勤務開始や勤務終了は、PC上で管理することが多いです。

指定されたツールにログイして報告する方法が一般的です。

休憩時間の過ごし方

勤務時間内での休憩時間は、労働時間によって異なります。

労働基準法第34条にて、労働時間6時間~8時間以下の場合には、少なくとも45分の休憩が義務付けられています。

8時間を超える場合には、少なくとも1時間の休憩をあたえなければならないと定めています。

しかし、労働基準法に照らし合わせた場合、労働時間が4時間~6時間以下の場合、休憩時間は0分でも問題ありません。

つまり、休憩時間がない案件も出てくる可能性があります。

 

在宅勤務のメリット

在宅勤務で働くことは、自由時間が増えます。

具体的には、出勤するための時間が節約できます。

雨の日や台風などの自然災害により交通機関のダイヤの乱れがある日にも自分のことに時間を使うことができます。

午後にも仕事を終えた後にはすぐに自分の自由時間となります。

スキル習得に時間を使える

出勤する時間が無くなることで、自分のスキルアップに時間を使うことができます。

  • 毎朝の朝活
  • 英語、中国語、韓国語などの語学の学習
  • 瞑想などの時間

自分自身のために使える時間が増えることで、次のやりたいことを実現するためのスキルを身につけることも可能です。

ストレスの軽減

オフィスなどの人間関係などのストレスが減ります。

満員電車を利用するストレスもありません。

自分自身の仕事への達成感

周囲の目を気にせず、自分で目の前の仕事を片付けるため、1日が終わった時の達成感も変わってきます。

 

在宅勤務の時間の使い方

在宅勤務は、出勤がないことが最大のメリットです。

1日に片道1時間、1時間半という通勤時間がかかっている人なら、22日勤務で、44時間以上の自分の時間が増えることになります。

子どもの世話や家事、炊事、洗濯などの家事の時間を増やすこともできますね。

家事と仕事の両立が困難と思われている方でも在宅勤務に切り替えることで、ストレスがなくなったという人もいます。

1日の過ごし方を考え直している方は、参考にしてください。