経営者の強い味方!社労士を利用するメリットは?

「社労士」とは?

労務管理イメージ

社労士(正式名称:社会保険労務士)とは、労働や社会保険に関する法律・人事管理を専門とする仕事。
主に社会保険に関する手続きや、労務管理に関する問題で経営者の相談役といった業務をこなすことが多いです。

働き方改革の影響で会社の労務環境を見直し、人材の定着率を上げようとする企業が増えたことなどから注目を受けています。

社労士にできること

社労士は、企業経営の3要素「ヒト・モノ・カネ」のうち「ヒト」を扱うエキスパート。
社会保険や助成金など法にのっとって行う手続き業務のほか、採用や人財育成・賃金体制や就業規則、高齢化に向けて重要となってくる年金制度などについて、法律のプロの立場からアドバイスするのが仕事です。

▶労働社会保険手続業務

  • 労働社会保険の適用・更新・算定
  • 各種助成金の申請
  • 労働者名簿・賃金台帳の作成
  • 就業規則の作成・見直しなど

▶労務管理の相談・指導

  • 雇用管理・人財育成などの相談
  • 人事・賃金・労働時間の相談
  • 経営労務監査

▶その他

  • 年金に関わる相談や経営者・労働者間の紛争解決手続

社労士を利用するメリットは?

▶コスト・時間の削減

社会保険関連の手続きは複雑なことが多く、経営者や役員・経理担当などが自分の業務と並行して行うのはかなり難しい状況です。

社労士に支払う報酬というコストはかかってしまいますが、経営者自身や自社の従業員の工数をコアワークに集中させられるという点でも有効です。

▶労務リスクの削減

働き方改革の影響などもあり、労務環境を見張る目も厳しくなってきている昨今。もし労務違反が発覚した場合、社会的信用を大きく落としてしまうという大きなリスクがつきまといます。

社労士に常日頃から労務環境をチェックしてもらうことで、労務違反を未然に防ぐことが可能です。

社労士は人事や労務に関する業務を肩代わりしてくれる存在

経営者のイメージ

人を雇う以上は避けて通れない、社会保険の手続きや労務管理といったタスクを肩代わりしてくれる社労士。経営に直接関わる業務に集中したい経営者の方にとっては力強い味方となってくれるでしょう。

オンライン秘書ジェニーでは、マーケティングには欠かせない競合調査やアンケート回答の集計といった業務をお任せいただくことが可能です。アウトソーシングを活用してコアワークに集中したい経営者・フリーランスの方はぜひお問い合わせください。