男性(主夫)の事務職応募は受かる?将来性や求人の探し方

  • 残業が少ない仕事を探している
  • 主夫でも在宅ワークが可能な仕事はあるの?
  • 事務職って、女性の職場?男性は受け付けてくれないのかな?

男性でも事務職に応募がかのうですし、採用されている方もいらっしゃいます。

今回の記事では、男性の事務職応募のコツや将来性、仕事の探し方等をわかりやすく解説します。

男性が事務職に応募するのはあり

まずはじめに、男性が一般事務や営業事務、総務、経理などの事務職に応募することは普通にあります。

具体的には、銀行などの金融系サービスから、経理に転職をする方もいらっしゃいますし、総務、法務などの専門職での転職案件は、高額求人としても取り上げられています。

しかし、比率として、一般事務や営業事務といった仕事は、女性のほうが多いのが現実です。

需要と供給、さらには専門性の高さを考えると、初心者、未経験者OKの分野は、女性中心ということになります。

 

男性の事務職転職のメリット

男性が事務職に転職をされる際のメリットを解説します。

体力的な負担

営業職では、ノルマが厳しい!

接客業では、休みの日でも下の人の急な休み取得で出勤を求められることもあります。

ドライバー等の場合、渋滞や天候不良などの影響により、大幅に体力を消耗する可能性があります。

こうした労働環境と比べると、事務職はデスクワーク(オフィスワーク)となりますので、体力の消耗は少ない職種といえます。

安定した環境

会社が安定しているかどうかということではありません。

急激に業務が一変するといったようなことは少ないのが現実です。

もちろん、パソコンを使用する際のソフトの入れ替え等の動きはありますが、業務内容がいきなり大幅に変動するということは少ない職場と言えます。

ワークライフバランス

専業主夫やシングルファザーなど、家事と仕事を両立しなければいけない方にとっては、残業が少ないことや急なシフト変更等が求められない職場はありがたいですね。

「こんなはずじゃなかった」

「想定していた働き方と違った」

こうしたギャップを感じにくい点もメリットといえます。

 

男性が事務職を選ぶデメリット

収入が少ない

生活のために、少しでも収入アップを狙いたい!

こどもたちの将来のために、少しでも稼ぎたい!

こんな探し方をされている方にとっては、仕事が見つかっても、月収が低くなることで、生活が苦しい状況になる可能性があります。

「もう少しキツイ仕事でも良いから、もっと稼ぎたい」

こうならないように、雇用条件を確認する際には、初期の月収や昇給、賞与の金額も確認しましょう。

正社員の削減対象?

雇用保険料を支払う必要がある。

残業代がかかる。

交通費がかかる。

正社員の雇用を継続するために、会社ではさまざまなコストが発生します。

正社員よりも安いコストで同じ仕事を依頼できるなら、派遣やアルバイト、パートでもかまわない。

このような職種として選ばれる可能性が高いのも、事務職の特徴です。

派遣の人が1名入ったと思ったら、どんどん増えて、正社員がほとんどいなくなってしまったという職場も珍しくありません。

このように、コミュニケーションが得意な方でも、人員削減の対象になりやすい部署であることも配慮が必要です。

仕事に飽きてしまう

肉体労働や体力勝負のお仕事を続けてきた方の中には、入社して半年程度は、身体の負担も少なく、働きやすいと感じる人もいます。

しかし、一定の期間が経過すると、

  • 単調な仕事ばかりで刺激がない
  • 自分自身の成長を感じられない
  • 将来に不安を感じる

など、キャリアアップや年収アップを狙えないばかりではなく、仕事そのものに飽きてしまう人もいます。

 

男性が事務職で成功する方法

まずは、職種を絞ることから始めましょう。

キャリアアップを狙う

事務職の中でも、経理や総務などのお仕事を狙うことも重要です。

中小企業の中には、将来の幹部候補として募集をしている求人もあります。

最初に配属された部署から、成功したら、次のステージが待っているという職場を探すことも大切です。

スキルを絞り込む

AIが進化することで、簡単な経費計算等は自動で行ってくれる仕事は増えるでしょう。

人口減少が問題になっていますから、当然レジの無人化だけではなく、事務職の人員削減が浮上するのも時間の問題になるでしょう。

しかし、一定のスキルを持つ方であれば、話は別です。

具体的には、歯科や医療事務などの中でも、診療報酬事務に特化した有資格者になるなどがあります。

わかりやすく言えば、会社の中に、一定の人数の雇用が求められている仕事を狙うことも重要です。

ツールを使いこなせる

パソコンでの業務が増えて、使用するソフトの種類も増えました。

具体的には、Officeソフトやクラウドソフトなどが有名です。

企業で使用しているようなツールをすぐに使いこなせる人材は企業にとっても、重要な存在となります。

つまり、それぞれの職種に特化した、ツールやソフトを使いこなせる、指導が可能な人間になることも大切です。

 

男性の事務職を在宅ワークで探す方法

男性の事務職の求人を探す際に、会社に出社しなくてもオンラインで業務が可能な仕事も増えています。

具体的には、オンラインアシスタントなどの仕事を探すことも可能です。

完全在宅という働き方

完全在宅とは、出社をせず、自宅のパソコンを使って、オンラインで業務をこなす仕事です。

小さな子供がいてなかなか外に働きに出ることが難しいシングルファザーなどには、需要が高まっています。

スキルや経験があれば、自分の今できることを探すことも可能です。

さらに、未経験、初心者の人でも、サポーターがついてくれるサービスを利用することで、スキルアップを狙うことも可能です。

大手サイトと企業サイトを併用

20代、30代、40代以降と年齢別に求人サイトがわかれています。

さらに、職種、業種に特化した求人サイトも複数あります。

大手の求人サイトに会員登録を済ませることで、メール配信やSNS配信によって、求人を探すことも可能です。

この他にも、地元では有名でも全国ではあまり知られていないような企業であれば、直接企業のホームページで求人情報を確認することも有効な手段と言えます。

大手に依存するのではなく、個人で探すことにも固執しないことが大切です。

まずは、複数のサイトで登録をしておくことが大切です。

自分の働く時間と収入を決める

求人が出てきた時に、動き出しの早い方のほうが有利です。

まず市場を調べる前に、自分の働き方を決めておくことも大切です。

具体的には、1日何時間労働で、週の稼働日数は何日。

こうした細かい情報も決めておきましょう。

その上で、当てはまる求人を探した方が、理想の案件をみつけやすくなります。

 

男性が事務職と比較するべき働き方

オンラインでのお仕事は、事務職だけではありません。

営業の代行といったお仕事も増えています。

オンラインで可能な職種を探す

社内のコミュニケーションは苦手でも、外部の人とは普通に交渉が可能な方であれば、オンラインで行える営業代行もおすすめです。

インセンティブ(報奨金)などがあれば、頑張れるという方にはおすすめです。