自営業で奥さんが体調不良になった時、事務仕事はどうすればいい?

  • 夫婦二人で助け合いながら仕事を続けてきた!
  • 事務仕事を奥さんにお願いしていた。
  • 最近、奥さんが体調を崩してしまって、事務仕事をできる人がいなくなってしまった

こんなお困りごとがございましたら、オンライン秘書サービスをご検討ください。

今回の記事では、自営業で奥さんが体調不良になった時の、事務仕事の依頼先を探す方法を御紹介します。

自営業の妻の悩み

自営業の奥さんの中には、夫が両親の家業を継ぐことになったせいで、半ば強制的に二世帯住宅での同居や家業の手伝いをさせられている方もいらっしゃいます。

労働力として頼りにされるのは嬉しい。

でも、これまでにやったことがない事務仕事などを押し付けられてしまった。

こんな体験をインターネット上に書き込んで、閲覧者に相談している方もいらっしゃいます。

体調悪化の原因

特に大変なのは、子育て中の仕事と家事の両立。

  • 子どもが小さい時の習い事などの送り迎え
  • 取引先からの電話やメール対応
  • 請求書の送付などの事務手続きには、

子供が体調を崩し、病院に付き添うことや学校へ迎えに行かなければいけないこともあります。

こうした中で、両親の介護も始まってしまうと、とても一人ではこなせない状態になって本人も体調を崩してしまうことがあります。

それでも何とか気力だけでやってきたという方が体調を崩してしまうと、回復に時間がかかり、業務が崩壊寸前になってしまうこともあります。

 

自営業の方が万が一に備える方法

奥さんに無理をさせないように、何かあった時には、ヘルプができる状況を作っておくことも大切です。

実際に利用するかどうかは別ですが、精神的な苦痛を与えないためには、まずは備えが大切です。

無理をさせないためのサポート方法

無理をさせないためには、まずは、事務仕事の分配を検討しましょう。

具体的には、以下のような業務を外部に委託することが可能です。

  • 電話やメール対応
  • 請求書作成
  • 打合せ会場の予約の手配

など、自分が会社から離れている時に、事務所宛に連絡があった際の対応を外部に依頼することが可能です。

こうすることで、自分の仕事に集中しやすくなりますし、何より奥さんの業務の穴埋めをする時間が節約できます。

子供の成長に合わせて柔軟に変更する

事業によっては、子供が16歳以上になった時点で、専従者にすることも考えられます。

まだ子供が小さい間だけは、外部に依頼する。

将来、両親の介護の方が問題になる可能性がある方は、予め業務を分担しておくことも大切です。

子どもたちでも手伝ってくれそうな仕事とそうではない仕事を分けておきましょう。

少子高齢化という次の時代に備える

アルバイトやパートを募集しても、応募がない。

雇ってもすぐにやめてしまう人が多い。

このような流れになって苦しんでいるオーナー様も増えています。

実際に、少子高齢化による過疎化が進んでいる地域では、働き手の数が減少しています。

そこで、業務の分担と効率化を見直すことも大切です。

まずは、自分でやらなければいけない仕事と外部でもお願いできる仕事を分けましょう。

外部に依頼したことがない方でもお気軽にご相談ください。

あなたのご要望に合わせて、対応可能なプランをご提案いたします。