秘書を雇う費用は高い?安く仕事を分ける方法

今の仕事の一部を「秘書」のような立場の人間に任せたい!

でも、実際に専門の人を一人雇うことになると、人件費はかなり高いかもしれない!

事務、経理、総務など、それぞれの業務を担う社員に仕事を依頼するのが難しい人は、どうしているのだろうか?

こんな悩みがあれば、「オンライン秘書」をご検討ください。

オンラインアシスタントは、あなたの必要な時に必要な分だけ業務を依頼することが可能です。

今回の内容は、秘書を雇うこととオンライン秘書を比較するポイントについて、解説しています。

秘書を雇用するメリット

3175s

一口に秘書といっても、さまざまな立場があります。

  • 院長秘書や社長秘書
  • 部長等中間管理職社員の電話やメール対応を行うアシスタント

立場によって業務も異なりますが、共通するメリットもあります。

時間的な余裕が生まれる

5s

  • 電話
  • メール
  • アポイント
  • 書類作成
  • スケジュールやタスクの入力

出社時と退社時のちょっとした時間も1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月に換算すると、丸1日分に相当します。

日本における1日の平均労働時間は、8時間。

そのうち、何割を雑務や周辺作業に取られていますか?

「時間的余裕ができた」

秘書を雇うだけで、本来の業務に集中できるのが、最大のメリットではないでしょうか?

専属のプロがサポート

秘書のサポート

秘書として雇用をするということは、以下のような業務のスペシャリストを雇うことになります。

  • ホテルやタクシーなどの手配
  • 出張に必要なチケットの手配
  • 手土産品等のリサーチ
  • 会食に使えるお店のリサーチ

取引先や新規顧客への手土産等の事前準備においても、自らが動く時間も手間もなくなります。

自分ではわからない地域ごとの人気店やアクセスの良いレストラン等プロの目線で判断してくれます。

書類作成時間の削減

6159s

  • 指示書
  • 精算書
  • 発注書
  • 回覧文

など、社内で定期的に作成しなければいけない書類はありませんか?

毎回、日付や内容を考えている時間がもったいない。

さらに、社外となると、御礼状、案内状、御見舞状等、季語やあいさつ文等を毎回調べなければいけません。

こうした細かい日常業務を自分ではなく、プロに依頼することが可能になります。

結果的に、日々の文書作成からファイリング等細かな書類整理を含めて、自分が動かなくても良い環境は、メリットではないでしょうか?

 

秘書を雇うデメリット

85s

当然、人を雇用するのは、デメリットもあります。

固定費が増える

固定費が増える

固定費として、検討が必要な経費は、以下の通りです。

  • 募集に必要な求人広告経費
  • 社会保険料
  • 交通費
  • 所定内賃金、所定外賃金
  • 一時金
  • 退職金費用
  • 法定福利費
  • 法定外福利費

などが発生します。

人材紹介等の会社を経由した際には、想定年収の30%~40%の費用を設定している会社も多くなりました。

つまり、本当に雇用した後に、「業務を依頼するだけの価値があるのだろうか?」

この疑問に取りつかれてしまうと、なかなか採用も決断できない状態になってしまうのです。

 

秘書を雇う人件費の相場

15s

では実際に社員を一人雇用するとなると、どのくらいの経費が必要になるのでしょうか?

秘書の年収相場

秘書の年収相場

秘書の仕事の年収相場は、平均で353万円。

月給に換算すると、29万円。

派遣社員やアルバイト、パートなどの非正規雇用の場合、時給換算で1460円が相場になっています。

3ヶ月で約100万円の人件費をかけるべきでしょうか?

 

スキルのある秘書を探す近道

スキルある秘書を面接

秘書を雇うとなると、人材を見極める必要があります。

しかし、雇ったことがない人の場合、「業者の説明や口コミ等を信じてみるしかない」というお声も多いです。

しかし、実際に雇用してから、「こんなはずではなかった」となってしまった場合でも、正社員であれば、簡単にはクビにすることができません。

オンライン秘書の特徴

1890s

オンライン秘書として、活動をしている人はどんな人?

この答えは、現職を引退したプロが多いのが特徴です。

結婚、妊娠、出産など家庭の事情があって、正社員に戻るだけの余裕がない人が多いのが特徴です。

つまりは、ベテランやプロが数多く存在します。

しかし、実際に依頼をしたら、思っていたのと違ったということも絶対にないとはいえません。

そんな時には、チェンジを依頼することができます。

雇用とは違い、サービスの利用ですから、更新しない旨を伝えることで、金額と業務内容が合わないというストレスから解放されます。

Gennyの特徴は、お試しがあること。

10営業日0円でお試しが可能となっております。

その後は、2ヶ月間など各種プランの期間ごとに更新を行います。

具体的な費用については、料金・オプションをご覧ください。